◆ 実 印 ◆ 一般的特徴・用途・印影例画像・選び方

【実印】とは・・・

 

 

   役所に印影を登録し「印鑑証明」をとることによって、その書類の捺印は間違いなく貴方のものである、と法的に証明することができる印鑑です。 

   契約書、公正証書、車・不動産の購入、保険金受領、遺産相続等の諸手続きなどに必要とされます。 人生の節目に必ず必要となる印鑑です。

● ひとりにつき1本、登録します。

   たとえ家族であっても同じ実印を共有して使うことはできません。

   また、量産されている既製の印鑑では、登録者本人だけの印とはいえないため、実印には適しません。

● 戸籍上の姓名が彫られた印鑑以外登録できません。

   姓または名のみも可ですが、略字や通称は不可です。あくまでも戸籍どおりでなければなりません。

● 大きさに規定があり、小さ過ぎたり(直径8mm未満)大き過ぎたり(直径24mm超)する印鑑は登録できません。

   慣習的に、直径13.5mm〜18.0mm程度のものが多いようです。

● 欠損や歪みなどによって登録時と印影が変わると、実印として使用できなくなってしまいます。

   印影が変わると、役所に出向き新しい印鑑を登録し直さなければなりません。このため、実印にはなるべく耐久性の高い材質が求められます。

 

■ 【参考】「最も一般的なタイプの実印」
  • 彫 刻 名   :  姓名のフルネーム。(女性は下の名のみも可)
                               ※戸籍と同じ名前・文字でなければ実印として登録できません。
  • 大きさ(直径): 男性は、18〜16.5mm、女性は16.5〜13.5mmくらい。
  • 印鑑の材質  : 耐久性にすぐれた捺印しやすい材質のもの。
  • 印鑑の書体  : 印相体篆(てん)書体 が好まれる。

個人実印印影例 

 

   以上、実印を作られる際の参考になさってください。

 

【実印】を選ぶときに大切なこと・・・

 

 

  【参考】の一般的な仕様をふまえた上で、材質・書体など自分の気に入ったものを選んでください。

   耐久性や朱肉付きの良さなども勿論大事な選択のポイントですが、実は結構 見た目やイメージも大切です。なにしろ、あなたの象徴(しるし)として、一生のお付き合いをする印鑑ですから。 
 

象牙は最上の品質と同時に、持ち主に社会的ステータスを与えます。

牛角(オランダ水牛)は世界に同じ模様が2つとないオンリーワンの印材。

黒水牛の漆黒は風水で「秘密を守る」色とされます。

パワーストーンの印鑑からは、悠久の時と自然の力が感じられます。



   実印もいわば事務用品のひとつとではありますが、単なる実用品というだけではなく、人生の節目に特別な気持ちをこめて使用される、『持ち主の分身』とも言われる大切な縁起物です。

   貴方が自分の人生において、ひとつの時代にクサビを打ち、新しい時代の始まりを記念する門出に使用する印鑑、だからこそ・・・

 

   ご自身が10年後も20年後も、『自分のしるし』として思い描いてピンとくるものを選んでください。

 

   大袈裟に聞こえるかもしれませんが、実印を購入するということは、未来の自分自身への贈り物 でもあると思うのです。今だけでなくこの先、いつかこの印鑑を使用するときのご自身の幸運を祈って選んで戴きたいと願っています。

 

 

*実印の価格について ・・・・> 実印 価格表
ig-mw-b.gif材質について ・・・・> 印鑑の材質について
ig-mw-v.gif一級技能士・伝統工芸士手彫りの実印 ・・・・> 甲州手彫り伝統工芸印鑑
ig-mw-rv.gifパワーストーンの実印 ・・・・> パワーストーン印鑑