◆ 柘 ◆

柘印鑑古くから印材として使われている、木製印の代表格です。
 繊維が多いため、木材の中では印鑑に適しています。

「象牙」や「牛角」のような動物系の印材や、バーチ材の「彩樺」などと比較すると、耐久性におとるため、どちらかといえば認印向きの印材です。

 実印や銀行印のような、長年にわたって登録された印影と全く同じ印影で鮮明に捺印する必要のある印鑑として使用する場合は、取り扱いと保管に特に気をつけてください。

現在では一般に、東南アジアから輸入されているアカネ材が「柘」として安定的に供給されています。国産の場合は「国産柘」となります。

■ 柘印鑑 価格表 ■

直 径

実 印

直 径

銀行印・認印

18 _

9,180

15 _

4,320

16.5 _

8,100

13.5 _

3,240

15 _

6,480

12 _

2,700

13.5 _

5,400

10.5 _

2,160

 

   次項有 実印の印影例とサイズ (クリックすると画像が開きます)

 

実印選びのポイントについて知りたい場合はこちらへ →   ◆ 実 印 ◆

★ 印鑑ケースはこちらからお選びください → ■ 印鑑ケース ■ 

 

    次項有 銀行印・認印の印影例とサイズ (クリックすると画像が開きます)

 

銀行印選びのポイントについて知りたい場合はこちらへ → ◆ 銀行印 ◆

認印選びのポイントについて知りたい場合はこちらへ →   ◆ 認 印 ◆

 

 

 

実印銀行印 2本セット(別珍ケース入)

16.5 o(実)・13.5 o(銀)  

11,800

※このセットは印鑑ケース(もみ皮ケース・黒)付です。別珍ケースには紺とグレーがあります(色は選べません)。

 

個人柘印鑑・実印銀行印2本セット

(←大きい画像はクリック)