◆ 牛角 白・色(白オランダ・オランダ水牛) ◆

牛角白(白オランダ牛)印鑑(左クリックで拡大画像) 牛角色(オランダ水牛)印鑑(左クリックで拡大画像)            

◆ 昔は「オランダ水牛」と呼ばれていました。

  【牛角白】 【牛角色】の2種類があり、
  【牛角色】は色の違いで「」と「」に
  分かれています。


自然の模様が楽しめ、同じ模様が他にない
"一点もの"が魅力の印鑑です。

 

  【牛角白(白オランダ)】は【牛角色(オランダ水牛)】のような茶の縞がなく上品な雰囲気、

  【牛角色(オランダ水牛)・淡】は白っぽい地色に茶の濃淡の縦縞が少し入った若々しい印象、

  【牛角色(オランダ水牛)・濃】は色が濃く、茶の縞が多く入ったワイルドな印象の印材です。


   全て芯持ち(ツノの中心で最も印材に適した部位)です。

  硬度・粘度ともに黒水牛に優り、耐久性・捺印性に優れています

  【牛角白(白オランダ)は、飴色で芯が白く、わずかに白い筋目模様が見えるものもあります。

  ◆ 牛角色【オランダ水牛】の「」と「」の色の違いは、上の写真(左)のよりも茶の縞が少なく
   全体的に茶よりも白っぽいものが「」。右の写真のように力強く縦縞が入り、茶色味が強い
   ものが「」です。

  自然のものなので縞の入り方は1本1本異なり、同じものは2つとありません。

 


  bean_02.gif豆知識】  オランダ水牛は昔の名前

 「牛角(うしのつの) 白」、「牛角 色」と書かれたり、「白オランダ」や「オランダ水牛」と言われたり、表記に揺れがあるこの印材。 理由は、かつてはオランダ植民地であったタイから輸入していたことから、長年「オランダ水牛」と呼ばれていたのが、近年、アフリカやオーストラリア産の陸牛の角に替わっており、『オランダ水牛』では誤解を招くと、平成16年に「牛角(うしのつの)」と表記を改めることになったためです。

 ただ、長年使用されていた表記を変更すると、かえって混乱を招くということもあり、いまだに「牛角」に統一しきれていません。

 当店でもやむをえず、「牛角(オランダ水牛)」なんていう長い表記を使用しています。